毛穴の汚れ クレンジング

誰もが鏡で自分の顔を見て、気になった事があると思います。
それは、毛穴の汚れ。
毛穴の汚れの原因は何だと思いますか?
角栓などの皮脂が詰まったものと思っている方、多いのでは?

 

実はそうではないんです。
毛穴に詰まる汚れの約70%は古い角質なのだそうです。そして、残りの約30%が皮脂とのこと。
それから、毛穴の汚れは角栓だけではありません。
きれいに落としきれなかったメイクが肌に残ってしまっているのも、毛穴汚れの原因となっています。
これらの汚れを、きちんと落とせずに放っておくと毛穴がどんどん大きくなって、よごれもどんどん蓄積されてしまいます。
想像するだけで、怖ろしくなりませんか?

 

今や10代からメイクをする時代です。
きれいにメイクを落とせるかどうかが、美肌を保つコツと言っても言いすぎではないはず。

 

では、どうすればいいのか?
毛穴の汚れを綺麗に取り除くためには、毛穴を柔らかくして汚れを取れやすくすることが、効果的だと言われています。

 

昔からポピュラーな方法で、現在でもエステや美容サロンなどプロも使っている方法が「蒸しタオルケア」です。

 

蒸しタオルによる適度な「熱」は、皮下組織の血流を促し肌の代謝を高めてくれ、「蒸気」となった水分と共にその熱が肌の細部にまでまんべんなく行き渡り、角質を浸軟させることで、毛穴を開き、溜まった汚れや皮脂を取り除きやすくもしてくれますし、化粧水などの浸透もよくなります。

 

クレンジングで蒸しタオルを使う基本的な方法は、
1)蒸しタオルを作ります。(レンジで作るのならば、フェイスタオルを水に浸して軽く絞り、500Wか600Wの電子レンジで30秒〜1分ほど加熱し、火傷に注意しながらタオルの端を持ってレンジから取り出します。)
2)クリームタイプのクレンジング剤を顔全体に塗り、馴染ませます。
3)クレンジング剤が馴染んだ肌の上に、出来上がった蒸しタオルを軽く押さえるように両手の平でゆっくりとあて、約3分ほど待つ。
4)蒸しタオルを顔から外したら、そのままその蒸しタオルで軽くクレンジング剤をふき取ります。
5)ぬるま湯でクレンジング剤をすすいだら、すぐに保湿ケアを。化粧水、美容液で潤いを浸透させたら、乳液とクリームで肌の水分に蓋をするようにします。

 

決して難しい方法ではありませんが、時間にゆとりがないとなかなか蒸しタオルを作って、顔に3分あてるなんて難しいかもしれません。

 

メイクにかける時間を省略化したい人向けにオールインワン化粧品があるように、メイクオフにかける時間は少なくしたいけれど、メイクは残らず落としたい人には「ホットクレンジングジェル」がおススメかもしれません。
蒸しタオルを用意しなくても、肌を温めながらクレンジングができる優れものです。

 

クレンジングは肌質や好みで、オイル・クリーム・リキッド・ミルク・ジェルなど好みが分かれると思いますが、
毛穴汚れで悩んでいるけれど、なかなか蒸しタオルケアは出来ないというのならば、ホットクレンジングジェルは一度試してみてもらいたいアイテムです。

ホットクレンジングの使い方や効果を詳しく知りたい方は、トップページにまとめましたので、おすすみください。
おすすめのホットクレンジングの紹介もしています。